現金店での立ち回り方・・・どうしても玉は余る



sim 現金店での立ち回り方・・・どうしても玉は余る

 

今の時代、等価交換や貯玉店が主流ですが

地域によっては低貸玉、貯玉なしの現金店もあります。

完全に打ち手側が不利な為、等価店ではあり得ない調整があったりもします^^

 

スポンサードリンク



土日は基本的にパチンコ稼働はしないで

のんびり家族で休日を満喫している・・・

どうも、はるです(´ー`)

 

 

さて今回は「現金店での立ち回り方」。

当然ですが4円で借りた玉をそれ以下の値段でしか

交換する事ができない訳です(+_+)

 

 

と、いう事は貸玉ボタンを押した瞬間からマイナススタートですね

現金で打っている間、打ち手側は圧倒的不利になります。

ちなみに等価店は1発目の玉を打ち出すまでトントンです(笑)

 

 

そこでパチプロが使う1回交換ボーダー。

簡単に言えば現金投資時でも理論的な収支が±0になる回転率の事です。

(1回交換ボーダーについてはまた今度詳しく説明します^^)

 

 

しかし、低換金になればなるほど

1回交換ボーダーを超える台を見つけるのは困難で

高回転率、もしくは高い技術介入要素がなければ超える事ができません。

 

sim 1 現金店での立ち回り方・・・どうしても玉は余る

 

そして極め付けは最後には持ち玉が残ってしまうという事。

そう、持ち玉での稼働は換金ギャップを受けない

プレイヤーが優位に立てる状況なのに

稼働時間には制限があり、最後には交換しないといけない(-_-;)

 

スポンサードリンク



仮に勝っている時にヤメる、もしくは取り返した時にヤメ

という行為を続けたとしましょう。

持ち玉比率はグングン下がり、1回交換ボーダーを超えていない限り

運以外の要素で勝つ事は不可能になりますね(-_-;)

 

 

手持ちの現金が少ない時、ツキ負けが続いたときは

交換と言う選択肢がプレイヤーを襲ってきます。

 

 

しかし、勝ちに行くパチンコでは一択です( `ー´)ノ

 

持ち玉で期待値が出ているなら続行。

 

 

ヤメ時は自分の満足する期待値、仕事量を超えた時のみです。

もし低換金の稼働するなら稼働前に心に決めておきましょう( `ー´)ノ

スポンサードリンク





コメントを残す